AcuPulse arm center.png

CO2レーザー/アキュパルス

 

CO₂レーザーは遠赤外線領域にある波長1060nmの気体レーザーで皮下組織中に含まれる

水分に吸収され病変部皮下組織を限局的に蒸散させ、ほくろやイボを除去します。

ほとんど出血することなく安全に除去でき、傷痕も残りにくい治療法です。

エネルギー密度の高いフォーカスビームを高速で動かしながら照射を行う為、

ホクロなどの組織を”綺麗に・早く・正確に”取り除きます。

〈こんなお悩みに〉

・ほくろの除去

・イボ(脂漏性角化症、アクドコルドン)の除去

・目の下のブツブツ(稗粒腫、汗管腫)の除去

・老人性脂腺増殖症の除去

〈フォーカスビームによるスキャンの特徴〉

 

〈施術の流れ〉

①診察

 患者様の希望やお悩みを伺い、最適な治療を提案します。

 CO2レーザーの施術について効果・安全性・施術後の経過について説明をいたします。

 治療に関して、疑問・ご不安がございましたらご遠慮なくおっしゃってください。

 

②洗顔・メイクオフ

 洗顔して皮脂や汚れを落とした清潔な状態にします。

 

③施術

 決定した治療内容に沿って施術をしていきます。

 

④施術終了

 施術後は鏡で仕上がりを確認していただき、術後の注意点を説明して終了となります。

・施術時間   1か所あたり5分~10分(大きさにより前後します)

治療間隔   ホクロ再処置の場合は6か月間は空けてください。

​・副作用    瘢痕、陥凹など

​・ダウンタイム 治療部位はびらん状態になり、1週間のテープ保護が必要になります。

        治療後のメイクはテープ保護の上からは可能です。

 

〈CO2レーザーの副作用・リスク〉

・局所麻酔注射の痛み、アレルギー

・治療部位の赤み:ほくろやイボ除去後の皮膚が治るまでに2週間テープをり、施術部位を覆う必要があります。

 その後施術部位に赤みが生じます。赤みが引くまでに1~6ヶ月程度かかりますが、肌質や日焼けなどにより、

 期間には個人差があります。

・炎症後色素沈着(PIH):赤みが薄れると徐々に傷跡が茶褐色に変化していきます。

 その後数か月で徐々に色素沈着は薄くなっていきますが、傷跡が深い場合や体質によっては数年持続する場合もあります。

・傷跡の陥凹(へこみ)・瘢痕化・ケロイド:傷を乾燥させてしまうと、陥凹が起きやすくなります。

 また鼻など部位によって陥凹が生じやすい部分があります。

・再発:若年者のホクロは再発しやすい傾向があります。

 再発した場合は状態を見て、一年以内であればレーザーの追加照射を行います

 

〈フラクショナルモード搭載で毛穴や肌質、傷痕の改善も可能〉

炭酸ガスレーザーアキュパルスには「フラクショナルモード」も搭載されています(炭酸ガスフラクショナル)。

この機能の最大の特徴は、ニキビ痕の改善・毛穴・小じわ・傷痕の改善・毛孔性苔癬(二の腕のぶつぶつ)など

多くの症状に対応し、赤みや色素沈着などリスクを軽減できること。

従来のCO2レーザーに比べ、「剥削モード」が多種類あるため、

「ダウンタイムを考慮した標準的な設定」から「効果を最優先した強い設定」まで可能になりました。

〈こんなお悩みに〉

・毛穴を改善したい方
・ニキビ痕(跡)が気になる方
・深いクレーター状のニキビ痕(跡)が気になる方
・従来のフラクショナルで満足できなかった方

・傷跡、シワ、ハリ・キメを手に入れたい

〈フラクショナルCO2レーザーの仕組みと特徴〉

レーザーにより小さな孔があきます。
それにより、傷ついていない周囲の正常皮膚から、

速やかに創傷治癒が促されます。

創傷治癒の過程で、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がつくられながら、

肌の再構築がおき、肌がなだらかにかつ底面が

少し持ち上がったような変化を生じさせます。

アキュパルスは、より細かいフラクショナルで

より深い真皮層までの照射が可能になりました。

剥削モードが多種類あるため、ダウンタイムを考慮した標準的な設定から、

効果を最優先した強い設定まで可能です。

〈施術の流れ〉

①診察

 患者様の希望やお悩みを伺い、最適な治療を提案します。

 フラクショナルCO2レーザーの施術について効果・安全性・施術後の経過について説明をいたします。

 治療に関して、疑問・ご不安がございましたらご遠慮なくおっしゃってください。

 

②洗顔・メイクオフ

 洗顔して皮脂や汚れを落とした清潔な状態にします。

③麻酔

​ 麻酔クリームを施術部位に塗布し、30分~40分ほどお待ちいただきます。

④照射

 麻酔クリームを拭き取り、肌の状態に合わせた出力でフラクショナルレーザーを10~30分照射します。

​⑤軟膏塗布

 施術後は軟膏を塗布し、ガーゼ処置を行います。

⑤ホームケアについてのご説明

スタッフより、ご自宅でのケア方法について再度ご説明します。

・施術時間   麻酔30分+施術30分(範囲により前後します)

・治療間隔   3か月に1回程度

 

​〈副作用・リスク〉

・色素沈着、水疱形成、熱傷、瘢痕、陥凹など

​・ダウンタイム 治療部位には細かい、ざらざらとしたカサブタができ、

        1週間程度(体の場合は2週間前後)で消失します。

         治療部位は2週間お薬を塗布していただきます。

CO2 2.jpg
aqupulse-ct02_edited.jpg