​マイクロボトックス

 

マイクロボトックスとは、皮膚の浅いところにのみ微量の製剤を注射する方法で、筋肉の機能は温存し

自然な表情を保ちながら、小じわを目立たせなくしたり皮膚の表面をなめらかにしていきます。
また、肌のひきしめ作用により、頬~あご下のラインへの注射では、

たるみへの効果とリフトアップが期待できます。

〈こんなお悩みのかたに〉​

  • より自然な感じでしわを改善したい

  • リフトアップを希望

  • 首の横ジワが気になる

〈ボトックス®リフト(マイクロボトックス®)の特徴〉

ボツリヌス菌から作られるタンパク質の一種で、ボツリヌス菌が産生する「A型ボツリヌストキシン毒素」は

通称ボツリヌストキシンと呼ばれています。

ボツリヌス菌自体は食中毒の原因となるほど毒性が強いのですが、治療で使用するものは製薬会社で製造されたものです。
この薬剤を肌の気になる部位に注入すると筋肉に作用して、筋肉の動きを抑える効果があり、

筋肉が収縮することによってできる表情じわに有用性があります。

目尻、眉間、額、鼻根部、あごのしわや下がった口角、

ガミースマイルなどのお悩みに対して使用されています。マイクロボトックス®の注射による注入は、

5分程度、注入後2~3日から1週間で変化が出て、およそ6ヶ月持続します。

できてしまった深いしわにはもちろん、しわが刻まれる前の予防としてもおすすめの治療です。

日本ではアラガン社の「A型ボツリヌストキシン毒素製剤」が注射剤として1996 年に眼瞼痙攣、2000 年に片側顔面麻痺、2001 年に痙性斜頸の適応で厚生労働省から承認され、2009 年には眉間の表情じわの適応で、

厚生労働省から承認を受けました。
保険適応の疾患のほかにも、しわ治療、痩身治療、制汗治療など幅広く使用されている治療法です。

〈施術の流れ〉

診察・カウンセリング

 

マーキング

 

ボトックス注入

 

メイクをしてお帰りいただけます。

ダウンタイムはほとんどありません。施術の跡は一時間程度で引いていきます。

 

〈治療経過と効果〉

マイクロボトックス注入直後は小さい盛り上がりができますが、一時間程度でほとんど消失します。

針跡の赤みが数日続く場合があります。1週間後よりそれぞれの効果を実感できるようになり、

持続期間は4~6ヶ月ですが、繰り返すことにより効果は延長します。

〈使用するボトックス剤について〉

現在のボトックス治療には、様々な薬剤が使用されていますが、当院ではアラガン社製「ボトックスビスタ」を

おすすめしています。

ボトックス治療はボツリヌストキシンの作用メカニズムを応用した治療ですが、通常「ボトックス」と故障しているのは

A型ボツリヌストキシンです。注射した位置から多くの筋繊維に拡散しにくい性質があり、

他の筋肉に作用する心配がありません。

〈アラガン社製ボトックスビスタ〉

「ボトックスビスタ」は、日本で唯一、シワの治療の用途にて厚生労働省より承認を取得したものです。
ボトックスビスタは治療技術や製剤の取り扱いや関連知識などを習得する講習を受講し、

資格を取得した医師のみ使用できます。

 

〈副作用・リスク〉

皮下出血、かゆみ、疼痛、発赤、アレルギーなど。
※あくまでも起こりうるものであり、必ず現れる症状ではありません。

ご不安なかたは診察時、医師にご相談ください。

botox.jpg